G1レースメモリアル

天皇賞(秋)の思い出!府中の魔の3コーナーに散ったサイレンススズカ

毎年、秋の天皇賞の時期が近づくとあの苦い思い出が蘇る

 

競馬には絶対は無い!

競馬には絶対は無い!!

競馬には絶対は無い!!!

 

そんなことは百も承知だけど

でも、あの時はどうしてもあの馬を信じてしまった

と、私と同じ思いをした方が日本全国にどれだけいたことか?

 

あの武豊がこの秋の天皇賞で天国も味わい、しかし、地獄も味わった。

メジロマックイーンの降着の時以上に彼の苦い想いは計り知れなかったと思います

私自身も、忘れたくても忘れられない1998年の秋の天皇賞の思い出話になります。

 

1998年というと今から24年前です。

若くて競馬好きな方でまだその頃は産まれてなかったという人でも

希代の名馬「サイレンススズカ」の名前はご存じの方も多いはず。

 

この年の日本は戦後最悪の経済状態に陥った。。。

経済成長は戦後最大のマイナスを記録。

企業のリストラ、倒産から失業率は最悪となり、雇用不安が強まりました。

物価下落が企業収益の悪化を招いて、「平成大不況」という言葉さえささやかれたもんでした。

とは言っても、今の時代に比べれば正直私自身は全然良かったなぁ~とシミジミと思います。

 

そういえばこの記事を書いていて思い出しましたが

この年に横浜ベイスターズ(現横浜DeNA)が38年ぶりのセリーグ優勝を果たした時でした。

横浜ベイスターズ(現横浜DeNA)が38年ぶりのセリーグ優勝

 

そして「横浜」というのが勢いあった年なのか

横浜高校の松坂大輔投手が、高校野球の決勝戦でノーヒットノーランを達成したんですね

 

実に面白い「現象」だったと思います。

他では映画「タイタニック」がブームになったり

和歌山毒物カレー事件が発生したのもこの年でした。

キレる(突然、自分の感情を抑制できずに怒りが爆発すること)という言葉が流行語になったり

だっちゅーの(パイレーツのギャグ 子どもを中心に大流行した)なんていう言葉も流行りました(笑)

そして、競馬も第二次競馬ブームから続く人気の「スポーツ」として

更に競馬ファンを増やしていった時代でした。



1998年11月1日、あの日私は馬友と一緒に秋晴れの中

東京競馬場へ出向いていました。

サイレンススズカの強い競馬が見たい

サイレンススズカがどんだけ他馬をぶっちぎって勝つんだろう?

そんな大きく膨らんだ妄想が大方の人にあって

その時もたくさんの人で競馬場は賑わっていました。

 

前走の毎日王冠ではあのエルコンドルパサーやグラスワンダーを寄せ付けず危なげない勝利で6連勝。

まして迎えた本番ではその2頭は出走せず

メンバーもG1ホースがメジロブライトとシルクジャスティスの2頭とやや小粒で出走頭数12頭立て。

もうサイレンススズカには勝てないと早々と白旗を挙げた陣営がほとんどという状況だったのです

 

単勝1.2倍、馬券のほとんどはサイレンススズカから売れていました。

私や私の馬友も当然の如くサイレンススズカから馬券を買いました。

当時はまだ私は独身でしたので使えるお金にも余裕があったため

万単位で馬券を購入していたんです。

内心、勝ったも同然という気持ちになっていて

帰り際に府中の街中で美味しい焼肉でも食べながら

酒を浴びるほど飲もうなんていうことすらも二人して考えていたんですよ

 

ところが、ところが・・・

レースがスタートして我が道を行くかの如くサイレンススズカは逃げまくりました

もう、後続との差が20㍍ぐらい離れてたでしょうか

ぶっち切り間違いなしと思った3コーナー大欅の向こう側。

なんと、なんと誰しもが予測がつかない出来事が起こってしまったのです。

 

サイレンススズカ競争中止!!

 

神様の悪戯なのか?

馬友と目を合わせ、自分でも悪夢を見てるようでした。

もう、なんかレースなんかどうでもいい気持ちになり

サイレンススズカの方ばかり目を向けていました。

 

いや~、競馬を始めてこの時が約16年目ぐらい

「こんな事が起こるのも競馬なのか?」

初めてこのような悲劇を目に焼き付けてしまいました。

 

物事には絶対は無い!

競馬にも絶対は無い!!

 

この時を境に私自身も競馬に対する姿勢が変わっていきましたね

それは悲しいかな、あのような事故を起こして他界していったサイレンススズカが教えてくれました。

 

それから私と馬友は口数も減って

とりあえず残念会ということで府中の街中の居酒屋に入っていきました

しかし、酒は全然うまくなかったですね当たり前ですが

 

あの武豊もその夜は産まれて初めて「泥酔」をしたそうです。

日本中の競馬ファンが悲しみに包まれたあの時の秋の天皇賞でした。




★ランキングに参加しております。
何か参考になったなぁと思ったらポチッとして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村

 

2022天皇賞秋は人気の盲点になっているG1ホースが狙い目か!?

-G1レースメモリアル
-, ,

© 2022 うまたび