騎手 調教師 雑記

横山武史に日が昇りルメールに日が沈む!2022年の主役は果たして!?

皆さんこんにちわ、俊樹です。

私の住んでいる都心は朝から晴れ渡っています。

ちょっと外に出てみましたけど、ウェザーニュースで煽られてるほど寒くはないです。

夕方、日の入りを見に行こうかなと思っているんですが今年最後に綺麗な夕焼けが見れるかな?

 

ということで、2021年もまもなく終わりを迎えようとしています

今年も一年のほとんどがコロナ禍に見舞われ

これをご覧頂いてる皆さまにおかれましても仕事やプライベートで窮屈な生活を強いいられたと思いますが

本当にお疲れ様でございました。

現在、日本国内でもオミクロンの陽性者がじわりじわりと増えている状況ではありますが

もう来年はコロナ騒ぎは勘弁してほしいですよね~

あの「えせ緊急事態宣言」というのはストレスが溜まって本当に疲れますからね。

 

 

さて、競馬のお話しを少しだけしてこのブログも本年最後にしたいと思うのですが

この1年を振り返ってみて何がインパクトに残ったかといえば

私の中ではやはり「横山武史」の成長、そして快進撃というのが一番印象に残った1年でしたね。

横山武史

もちろんルメールなり川田なり、そして福永なりもいつものように活躍はしましたが

その中でも横山武史の活躍というのは目を見張るモノがありました。

私が先月の中旬以降に下記の記事を書きましたけど

来年は彼の更なる成長が期待されるんじゃないかと思っています

関連記事
横山武史の持って生まれた才能が一気に開花!馬券を取りたければ彼を追え!!

皆さんこんにちわ、俊樹です。 昨日のマイルチャンピオンシップ、自分も含めて穴党には出る幕のなかった堅~い決着で終わってしまいました。 有終の美を飾ったグランアレグリアは勿論のこと、私が驚いたのはシュネ ...

続きを見る

 

そして馬で言えばコントレイル、グランアレグリア、クロノジェネシス、ラヴズオンリーユーというスターホースが去った今

当然来年の主役はエフフォーリアをおいて他におりません。

横山武史&エフフォーリアの最強コンビが2022年の中距離G1を総なめにするんじゃないですか?

今後、どの馬が頭角を現してくるのか定かではありませんが

無事であればエフフォーリアを中心に2022年は回っていくでしょうね

 

それとは反対にルメールに少し陰りが出てきたのでは?という心配がありますね

自分の予想とは相反して12月度の彼のG1の成績がよくありませんでした

阪神JFから数えて人気のサンデーレーシングの馬に4回連続で乗りながらも

有馬記念でのクロノジェネシスの3着が最高だったなんて

今までのルメールからしたら考えられないことが起きました。

今年のG1レースでルメールが勝ったのは4回。

それも全て1番人気によるモノでした。

でも、来年の競馬を考えてみると彼が1番人気として跨れる馬が果たしているかどうか?

せいぜいスプリント界のレシステンシアぐらいじゃないでしょうかね。

ルメールとて生身の人間ですし、好不調の波というのはもちろんあるかと思いますが

今まで散々G1レースを勝ちまくってきた彼にとって2022年というのは少し厳しくなるのではないか?と考えております。

 

 

最後になりますが、本年もたくさんの方々にこのブログを見にきて頂きました。

この場を借りまして厚く御礼を申し上げます

本当にありがとうございました。

来年もまた皆さまの参考になるような記事を書いていきたいと思っておりますので

引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします

それでは良いお年をお迎え下さい。




★ランキングに参加しております。
何か参考になったなぁと思ったらポチッとして頂けると嬉しいです。

中央競馬ランキング

サイン競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村

-騎手, 調教師, 雑記
-, ,

© 2022 うまたび