宝塚記念の過去結果から導き出される勝ち馬のキーワードとは!?

宝塚記念
スポンサーリンク

いよいよ宝塚記念の時期が迫ってまいりました。

一年に一度だけ聞けるあの宝塚記念仕様の特別なファンファーレ

今年は果たしてどんなドラマが待ち受けているのでしょうか?

去年は16頭立てと頭数も揃いましたが

今回は別掲のように出走予定メンバーが13頭とちょっと寂しい感じがしますね

2019宝塚記念出走予定メンバー

 

登録のあるショウナンバッハは先週のエプソムCに出走したため

恐らく出走を回避して12頭立てで行われる模様です

この中にファン投票1位のアーモンドアイが出てくれれば

上半期のグランプリに華を添えてくれたと思うんですが残念ですね

昨今はノーザン系の馬の使い分けが顕著に表れているせいか

他の有力どころの面子は既に真夏の札幌記念への出走を表明しております。

それでも、G1ホースが6頭と揃ったのはまだ救われましたかね。

ただ、そのG1ホースといってもアーモンドアイが不出走のため

抜けた馬がおらず、恐らくオッズも蓋を開けてみなければ

何が1番人気に押されるかはわからないといった状況です。

前予想の段階では大阪杯2着のキセキ、ドバイ以来のレイデオロ

そして、4月下旬の香港で行われたクイーンエリザベスC以来のリスグラシューが

レーン騎手に乗り変わり人気を集めるものと思われます

一応、この3頭が主力を形成するものと思われますが

少頭数といえど、一波乱起こっても不思議はないような感じですかね



ではココで、宝塚記念というレースを予想する上で

毎年欠かせないある1つの「キーワード」が隠されているのをご存知でしょうか?

私はこのレースが近づく度にこの事を色んなところでお話をしているのですが

去年もその「キーワード」がどんぴしゃに嵌りました。

そこで、この宝塚記念の過去の勝ち馬を眺めてみてもらいたいのですが

これは不思議なことに結構昔から続いていることでもあります。

1986年 パーシャンボーイ

1987年 スズパレード

1990年 オサイチジョージ

1991年 メジロライアン

1992年 メジロパーマー

1995年 ダンツシアトル

1997年 マーベラスサンデー

1998年 サイレンススズカ

2001年 メイショウドトウ

2002年 ダンツフレーム

2008年 エイシンデピュティ

2010年 ナカヤマフェスタ

2011年 アーネストリー

2015年 ラブリーデイ

2018年 ミッキーロケット

 

上記に挙げたこれだけの馬がこの宝塚記念であることを達成しております

そのあることというのはズバリ

 

G1初制覇

 

これが、この宝塚記念における重要な「キーワード」といっても過言ではないでしょう

記載はしませんでしたが、2007年のアドマイヤムーンや

2017年のサトノクラウンも海外でのG1勝ちはありましたが

日本国内におけるG1レースとしては、ココが初勝利を挙げた馬たちでもあります。

 

一見、今年は頭数も少ないし、上位人気のG1ホース同士での決着になりそうな気配を漂わせていますが

こういう時にこそ、ノンタイトルホースが穴を開けるような感じがしてなりません。

では今年、その「キーワード」に合致する馬とはどれになるのでしょうか?

可能性があるのはG1レースで善戦してきて

まだ一度も掲示板を外していない横山典に乗り変わるエタリオウか?

それとも、天皇賞春で3着の実績があり、凱旋門賞にまで駒を進めたクリンチャーか?

大穴だったら、着実に力を付けていて前走の大阪杯でもコンマ5秒差のステイゴールド産駒のスティッフェリオか?

 

今年は5月初っ端のNHKマイルCを歯切りに

ことごとく荒れた結果に終わっている春のG1レース。

最後の宝塚記念も一筋縄では収まらないような予感はしています。




 

 

★ランキングに参加しております。
何か参考になったなぁと思ったらポチッとして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村

コメント