G1レースメモリアル

桜花賞の思いで!強かったシスタートウショウに大穴のヤマノカサブランカが!!

皆さん、こんにちわ俊樹です。

今回の桜花賞の思いで話しは1991年ですから今から31年前に遡ります。

当日はめでたいことがあったにも拘わらず

自分にとっては実に苦い思いでとなってしまったあの時の桜花賞

これをご覧の方々の中にはまだ産まれてないよ~という人もいるかもしれませんが

時代背景をご紹介するとともに、しばしお付き合い下さいませ。

 

1991年と言いますと和暦で言えば平成3年になります。

私はちょうど20代のど真ん中あたりで独身貴族を謳歌していた頃です

時代も今とは比べ物にならないぐらい景気が良くて浮かれていましたね

携帯もスマホもな~んもない時代、パソコンなんかもほとんど触りもしなかったです

まぁ、今では一家に一台どころか一人に一台ですが

当時はまだパソコンというものは会社でしか見掛けませんでした

連絡手段はというと、ちょうどポケベルが流行っていたかな

こういう物を持ち歩いていて

電話が欲しい時はこれで相手に知らせて公衆電話へ飛び込むということをやっていました。

 

あの時代、個人的に何が印象深かったかと言いますと

とにかく「大相撲」ブームでした。

そのブームの立役者だった若貴兄弟(若花田、貴花田)や外人力士の登場で

毎日どこかで誰かが相撲の話をしていましたね

「今日弟君勝った?」「お兄ちゃんはどうだった?」っていうぐらい

老若男女問わず、相撲熱が世の中に蔓延していました(笑)

 

それから私も当時大好きだった「ディスコ」に、更にこの年に火がつきました。

あのジュリアナ東京が芝浦にオープンしたんですね

若かった私もよくダブルのスーツを着こなして友人と出掛けたもんですよ

ワンレン、ボディコン、お立ち台という流行語も産まれたぐらいでした

これが着火点となって全国にディスコブームをもたらしました。

もう、あんなバブリーな世界は今後は死ぬまでお目に掛かれないと思いますが・・・

 

それからブラウン管の中では「トレンディドラマ」が全盛期でした

それぞれのドラマの主題歌がその年のヒット曲の上位にランクインされてましたね

小田和正さんが歌ったラブ・ストーリーは突然にとか

CHAGE&ASKAが歌ったSAY YESとか

私も織田裕二さんと鈴木保奈美が主演の「東京ラブストーリー」はよく見ていたなぁ~

 

世の中的にはどうだったんだろう?

もちろん当時は政治や経済なんか一切興味もありませんでしたからほとんど覚えていないんですが

日本は今と違ってまだまだ生きていきやすい世の中だったのは間違いありません

そういえば、湾岸戦争とかが勃発していたようですね(笑)


お話しは1991年の桜花賞当日に戻りますが

私はあの日、横浜で友達の結婚式に呼ばれて出掛けていきました。

普段の日曜日なら後楽園の場外馬券場(まだその頃はウインズという名称ではなかった)に行くところですが

さすがに仲の良い友人の結婚式に呼ばれてしまっては

桜花賞があるといってすっぽかす訳にもいきません(笑)

ですからその時は朝にスポーツ新聞を買って桜花賞の馬柱とにらめっこし

競馬好きな友人に電話で馬券を頼んで買ってもらいました

 

私が目に付けていたのはそれまで3戦3勝と桜花賞へ無敗で駒を進めてきたシスタートウショウ

今でこそほとんどこの冠名の馬は走っていませんが

当時は「●●●トウショウ」とか「トウショウ●●●」といった馬がよく走っていました

シスタートウショウは3戦無敗だったにも拘わらずレースではなんと4番人気という評価でした

それよりも5戦5勝と同じ無敗で堂々の1番人気に推されていたのが後のオークス馬になるイソノルーブルという馬でした

私はまだまだその当時は予想が下手っぴでいつも負けていたんですが

この時ばかりはなんだか当たる予感しかしなくてイソノルーブルとシスタートウショウの枠連4-7に1万円。

それからノーザンドライバーのいた8枠、武豊が乗るスカーレットブーケが入った1枠にそれぞれ5千円。

合計2万円を買っておいてと友人に電話したんですね

ただ、電話掛け終わって改めて馬柱を眺めると「ヤマノカサブランカ」と「ヤマヒサエオリア」が同居した6枠が妙に気になったんです。

この「ヤマ」と「ヤマ」の並びが、ちょうどサイン競馬に夢中になっていた自分のインスピレーションに働きかけたというか

まぁ、でもまったく人気がなさそうだし、きても3着ぐらいだろと

また電話して頼むのも気が引けるので、そのまま結婚式へと向かいました。

 

今でしたら、その時間にスマホでレース映像が見れますが

当時はそんなことはできません

夜、自宅に戻って中央競馬ダイジェストという番組でその日の結果を見たんです

そしたら、なんと。。。

言葉が出ませんでした。

軸に狙ったシスタートウショウは強い勝ち方で桜花賞馬となった訳ですが

2着にきたのは13番人気の「ヤマノカサブランカ」ではありませんか!!

当時はまだ枠連しかなかったものの、その枠連の配当が6-7で22600円ですよ。

たった500円掛けていても11万円というお金を手にできたのに

それに枠連で200倍以上が出るなんてめったになかったですから尚更です

31年経った今でもあの時の苦い思いでは鮮明に覚えています。

どうそ、その時の桜花賞をご覧になって下さい

 




★ランキングに参加しております。
何か参考になったなぁと思ったらポチッとして頂けると嬉しいです。

中央競馬ランキング

サイン競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村

-G1レースメモリアル
-, , ,

© 2022 うまたび