2019年の凱旋門賞は日本にとって節目の年!キセキが本当の奇跡を起こすかも?

海外競馬
スポンサーリンク

さぁ、今週から実質的に秋競馬がスタートします!

競馬ファンにとっては益々面白くなる時期の到来ですね

今回は約1ヶ月後に迫った世界最高峰のレース

凱旋門賞についてお話ししたいと思います。

2019凱旋門賞

 

競馬ファンなら既にご存知だと思いますが

今年の凱旋門賞には日本から3頭の馬が参戦を予定しています

ただ、日本人とすれば世界最強牝馬のエネイブルと

日本の最強牝馬アーモンドアイとの対決が見れないのは本当に残念なことですよね

一度でいいからこの2頭の対決を見たかったと思うのは決して私だけではないはずです

ただ、それも叶わない今、せめて今回出走を予定している馬たちに

何とか悲願を達成してもらいたいものです。

まずは、日本から出走を予定している馬は下記の3頭です

史上最速で菊花賞を制し、今年の春の天皇賞を制したフィエールマン

2019凱旋門賞出走予定馬 フィエールマン

 

去年の有馬記念を制し、一度はスランプに陥りましたが先の札幌記念で見事な復活を果たしたブラストワンピース

2019凱旋門賞出走予定馬 ブラストワンピース

 

二年前の菊花賞を制して以来勝ち星から遠ざかっていますが、常にG1で善戦を続けているキセキ

2019凱旋門賞出走予定馬 キセキ

 

上記3頭のうち、キセキは凱旋門賞の前哨戦でもありますフォワ賞を叩いて本番へ向かう予定になっていますね



本番凱旋門賞では既にブックメーカーからオッズが発表されていますが

当然の如く、G1の連勝を12に伸ばし

凱旋門賞3連覇がかかっている史上最強牝馬のエネイブルが1.9倍と圧倒的な支持を得ています。

1 Enableエネイブル 1.9
2 Japanジャパン 6.0
3 Crystal Oceanクリスタル オーシャン 7.5
4 Sottsassソットサス 9.0
5 Ghaiyyathガイヤース 13.0
6 Magicalマジカル 15.0
7 Waldgeistヴァルトガイスト 17.0
8 Stradivariusストラディバリウス 21.0
8 Anapurunaアナプルナ 21.0
11 Slalomスラローム 26.0
11 Channelチャンネル 26.0
11 Star Catcherスター キャッチャー 26.0
11 Blast Onepieceブラスト ワンピース  26.0
15 Sir Dragonetサー ドラゴネット 34.0
15 Kisekiキセキ 34.0
15 Mehdaayihメダーイー 34.0
15 Broomeブルーム 34.0
15 Anthony Van Dyckアンソニー ヴァン ダイク 34.0

今年の凱旋門賞もこの馬を中心に全てが回るといっても過言ではないでしょう

他、外国勢に関しては細かいことはわかりませんが

バーデン大賞で14馬身差で圧勝した​ガイヤースあたりがこれから票を伸ばしていくのではないかと思われます

ココにもし、アーモンドアイが入っていればかなりの人気を得ていたと思いますね

現状では日本から参戦する3頭と、武豊が跨ると話題になったキーファーズ所有のブルームも人気は下位の方

ですから、馬券的に日本馬が絡むことができたなら

例えエネイブルから買っても高配当が期待できるかもしれませんね

 

では、その問題の日本馬の中で

私が個人的に応援したいという馬は「キセキ」です。

本来ならば今年のダービー馬ロジャーバローズもこの馬と一緒に参戦する予定でしたが

残念なことに早々に引退をしてしまいました。

よって角居厩舎からはこのキセキが1頭でフランスへ乗り込んでいくのですが

未定だった鞍上がなんとフランスの名手スミヨンに決定したのです

フランスの名手スミヨン

陣営としてはこれは本当にラッキーなこと。

スミヨンといえばダラカニやザルカバで既にこの凱旋門賞を2度勝っていますし

あのオルフェーブルとのコンビで凱旋門賞の手綱を取ったのは有名ですよね

惜しくも2年連続で2着だったのは日本人にとっても誠に残念なことでした

一番悔しい思いをしているのは本人だったと思いますが

ココでまた日本馬への騎乗が叶うことになって

スミヨン自身もあの時の雪辱に燃えていると思います。

それに、2014年のJCでエピファネイアをテン乗りで勝利に導くなど角居厩舎との相性も抜群です

また、そのスミヨンは凱旋門賞が終わった後に

日本への短期免許を取得して来日する予定でもあります

あのブエナビスタのJCでの降着劇で一度は「もうこんな国へは来ない」と激怒したことがありましたが

今では懐かしいことですね!

 

そして、キセキのオーナーでもある石川達絵さんというのは

ロジャーバローズでダービーを勝った猪熊広次オーナーが代表取締役社長を務めている

「株式会社バローズ」の取締役でもあります。

その社長がダービーを獲った運命的な年でもありますし

ひょっとしたら石川達絵さんの強運がフランスの地で花が開いてもおかしくないのではないか!?

そんな思いもしているところです。

 

馬名が「キセキ」なので

節目の令和元年という年に

もしかしたら本当の奇跡が起こるかもしれないですね

 

⇒⇒⇒海外競馬で日本馬出走レースの馬券を買うなら必見!JRAのオッズに惑わされるな!!

 

★ランキングに参加しております。
何か参考になったなぁと思ったらポチッとして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村

コメント