ダノン勢が打倒アーモンドアイ!有力馬3頭が安田記念へ怒涛の殴り込み!!

安田記念
スポンサーリンク

ダノンプレミアム
ダノンファンタジー
ダノンキングリー
ダノンスマッシュ
ダノンチェイサー

これだけの手駒を揃えながら

去年もあと一歩のところで各々のG1の戴冠には届かなかったダノン勢!

 

とくにダノンプレミアム陣営には

去年の苦い思いをなんとか払拭させたいでしょう

 

これは去年の安田記念でのスタート直後のパトロールビデオ

加害馬ロジクライのすぐ隣にいたダノンプレミアム

これでは競馬になりませんでしたね

 

あれから1年。

今年はダノンプレミアムを筆頭に

ダノンキングリー、ダノンスマッシュと安田記念へ怒涛の3頭出し。

果たして、女傑アーモンドアイにどれだけ迫ることができるのでしょうか?

そして、どの馬が一番にアーモンドアイを脅かすことができるのか?

その辺を探ってみたいと思います。

 

 

まず、筆頭格はダノンプレミアムでしょう。

ダノンプレミアム

この馬はいつG1を獲ってもおかしくない逸材なんですが

運に見放されているのかなかなかG1では勝ち切れないレースが続いています。

今年は去年と違って海外帰りの一戦となるわけですが

まだ今年の方が余裕を持ってこの安田記念へ照準を合わせてきたようにも思います

そして、今まではずっと川田がこの馬の手綱を握ってきていましたが

陣営はシビレを切らしたのか、今回はオーストラリアの若き天才ジョッキーDレーンにその手綱を託しました。

馬もさることながら、騎手もこの春のG1ではスッキリしない成績が続いています。

ですが、去年の秋の天皇賞でアーモンドアイに肉薄したように

極端な枠さえ引かなければ、今年は確実に好走できるのではないかと見ています



お次はダノンキングリーです。

ダノンキングリー

若さと充実度でいえばダノンプレミアムよりもこちらが勝るのではないでしょうか

去年の春は皐月賞3着、ダービー2着とあと一歩で涙を飲みましたが

陣営は秋は菊花賞には目もくれず、マイルCSを目標に矛先をマイル路線に向けました

初の古馬相手だった毎日王冠でも後方から繰り出した桁違いの末脚は圧巻でしたね

残念ながらマイルCSでG1初制覇はなりませんでしたが

勝ち馬から差のない4着と大器の片りんは見せたのではないかと思います

今年に入ってから中山記念を勝利、そして大阪杯では果敢に逃げて3着と健闘

そして今回の安田記念となるわけですが

舞台が4戦3勝と得意の東京コースに変わるのはこの馬にとっても都合がいいはずです。

後は、怪我から復帰した戸崎がどこまで調子を上げてくるかでしょうね

 

そして今回、展開のカギを握ると思われるダノンスマッシュです。

ダノンスマッシュ

こちらも前走手綱を取ったDレーンから三浦皇成に変わるわけですが

前走の京王杯SCで5度目の重賞を制して勢いがあるのは確かなこと。

このメンバーで、この距離では少々厳しいのではないかと見られてはいますが

典型的な逃げ馬不在の中、マイペースでの一人旅ならば

人気も下降する今回、もしかしたらギリギリなだれ込みがあっても不思議ではありませんので注意は必要かと思います

 

結論を言えば、ダノン勢3頭の中での一番手はダノンプレミアムになりますが

今年は3頭ともに馬券になってもおかしくないと思います。

枠順が確定してみないと何とも言い難いところではありますが

馬券はアーモンドアイからこの3頭を主力にした買い方をしたいと考えています

とりあえず、枠順発表を待ちましょう




★ランキングに参加しております。
何か参考になったなぁと思ったらポチッとして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村

コメント