カペラSでの1番人気馬は今年も勝てない!?波乱を演じそうな伏兵候補とは?

重賞レース一般
スポンサーリンク

今週の日曜日は阪神で2才牝馬のG1レースが行われますが

その裏の中山ではG3のカペラSが行われます。

現時点での登録馬は21頭ですが、恐らくフルゲートになるでしょう。

まだ、施行回数が10回と日も浅いレースですが

いつも思いますが、な~んか地味なレースですよね!

一応、翌年のフェブラリーSの前哨戦という位置付けではありますが

一流どころの馬というのは大概このレースはスルーしています。

ですから、いまだ1番人気の馬が勝っていないということと

外人ジョッキーも大概は不在で、毎年大混戦模様を表しています。

我ながら、こういうレースも好きなんですよねぇ~♪

1番人気馬には鬼門ということで、それ以外の馬からフルスイングできますから!

下記が今年の出走予定馬ですが、今年も一筋縄ではいきそうもないですね

一応、3才で連勝中のコパノキッキングに、JBCスプリントを好走してきたキタサンミカヅキ

充実著しいオールドベイリーあたりが人気を分け合うのではと思いますが

コパノキッキングは乗り慣れたジョッキーから今回はテン乗りですし

オールドベイリーは中山コースでは乗り慣れていない中井君。

3頭の中ではキタサンミカヅキがまだ若干信頼できるかなというところですが

枠順如何によっては十分波乱の目がありそうな気配が漂っていますね

馬連の平均配当を見ても過去10回中、3桁配当で終わったのが1回だけ。

2014年には3連単で100万オーバーの配当も飛び出していて

とにかく馬の取捨が難しいレースといえるでしょう

 




 

今年も伏兵が馬券に絡んでくる余地が十分にあるということで

現時点で臭いなぁと思っている2頭がこれらの馬

キングズガード

ダノングッド

前者は、言わずと知れた重賞の常連。

G1レースにも何度も出走経験もあり、重賞でも常に好勝負をしていて、去年のプロキオンSの勝ち馬でもあります。

前走もJBCスプリントで6着でしたが、勝ち馬とはわずかコンマ6秒差。

今回は乗り慣れた藤岡佑からウチパクへのテン乗りになりますが

こういう混戦になった時にはなんとも不気味ですね

事実、ウチパクはこのカペラSを2勝していますしレース相性も良し。

常に良い末脚は使いますから、ココでの喰いこみも十分あって可笑しくないでしょう。

 

後者は恐らく上のキングズガードよりも人気が無いと思いますが

昔から「同厩舎の2頭出しは人気薄を狙え」という競馬の格言があるように

コパノキッキングに不発があるようだと、こちらが台頭してくるかもしれません。

ココ5戦とも速い上がりを計測しており、京葉Sの時のように壷に嵌まれば一発の可能性もあるでしょう。

 

あとは、個人的には藤田菜七子ちゃんが乗るブラゾンドゥリスにも

3連複、3連単の紐に付け加えようかなぁと思っています。

彼女が飛んでくれば大波乱があるかもね(笑)

 

 

★ランキングに参加しております。
何か参考になったなぁと思ったらポチッとして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村

コメント