皐月賞でサートゥルナーリアが負ける理由とは?同じ無敗馬にも逆転の余地あり

皐月賞
スポンサーリンク

先週行われた桜花賞は、ルメールのグランアレグリアが

桜花賞レコードのオマケまでつけて圧勝しましたね!

年明け初戦の馬が桜花賞を勝つのは「史上初」の快挙でした。

 

平成時代の残るG1レースも後2つ。

今週の皐月賞には満を持してあのサートゥルナーリアが出走してまいります。

すでに「一強」という声が高いですが

果たして桜花賞のグランアレグリアと同様にココもぶっこ抜くのか?

まずは今年の皐月賞に出走してくる面々を見てみたいと思います。

2019皐月賞出走予定メンバー

3歳牡馬クラシック戦線の前哨戦やトライアルは

大方フルゲート割れをしてきましたが

ココは無事にフルゲートの18頭をクリアできそうな感じですね

 

思い返せば今年の3歳牡馬戦線は牝馬と異なり

勝ち馬がコロコロと変わってきました。

そんな中で、サートゥルナーリアが暮れのホープフルSを

次元の違う勝ち方をしてココへ駒を進めてきました。

サートゥルナーリア ホープフルステークス

父親は今をときめくロードカナロア

母は日本とアメリカのオークスを制したシーザリオ

さらに、G1を2勝したエピファネイアに、朝日杯フューチュリティSを制したリオンディーズを兄に持ち

どこから見ても血統的な背景も申し分なしです。

さらに、管理するのは名門角居勝彦厩舎で馬主がキャロットファームとくれば

やはり大舞台を制するにふさわしいと見る向きが大きいのも事実かもしれません

とにかくこの事実にはなんら逆らうことはできません。



ですが、私には今回に限りサートゥルナーリアが1強だとはどうしても思えないのです。

 

それは何故かと言いますと、主戦だったデムーロが乗らずにルメールに変わったことが大きな理由です。

元々デムーロにはアドマイヤマーズという3戦3勝の馬がいたのはご存知かと思いますが

運が良かったのか悪かったのか、朝日杯フューチュリティSを制しましたね

あれで、デムーロは完全にこの春のクラシックは同馬で行くことになってしまったのです

デムーロにとってはそれが吉と出るか凶と出るかはわかりませんが

ココに一抹の不安を覚えてしまうのは私だけでしょうか?

これがすんなりデムーロのままだったら

例えホープフルSからの直行だとしても自信を持って◎にできたでしょう。

 

もちろん乗り変わるのはルメールですから騎手としても申し分ないし

寧ろ、現在はデムーロよりもルメールの方が社台から信頼されていると思います。

ですので、サートゥルナーリアでも結果を出すのは間違いないでしょうが

その結果を出すのは次のダービーではなかろうか?と私は考えています。

 

今回においては、デムーロではもう手が追えなくなってルメールが任されるという

本来の信頼型の乗り変わりではなく、あくまでも空いたところにルメールが運よくスッポリと収まった!

そんな感じがしてならないのが今回のサートゥルナーリアの騎手交代劇であると感じています。

そこに、競馬ではよくある微妙な綾が潜んでいるのではないかと思えてなりません。

よって今回に関しては私自身はサートゥルナーリアの評価を下げるつもりでいます。

 

では、サートゥルナーリアが勝てないのであったらどの馬が勝つ可能性があるのか?

正直、これは難解で現状ではアドマイヤマーズにダノンキングリー、ヴェロックスにニシノデイジーと

4指に余るという風にお伝えしておきたいです。

ただ、サートゥルナーリアの次に人気になるのは恐らく3戦3勝の無敗馬ダノンキングリーだと思いますが

桜花賞と同様に「ルメール対ダノン」という構図に似ている感じがしています。

先週は1番人気のダノンファンタジーが負けて、2番人気のルメールの方に軍配が上がりましたが

もしかしたら、今週は逆に2番人気のダノンキングリーが勝つ番ではなかろうか?

同馬は既にアドマイヤマーズとは勝負付けが済んでいますし

共同通信杯から皐月賞というのは今やトレンドローテでもありますしね。

 

先週はルメールが去年のアーモンドアイに次いでの連覇を果たしました。

平成最後の皐月賞も戸崎圭太の「連覇」で終わる!

そんなシナリオが描かれていても不思議ではないと思っています。

 

 

 

★ランキングに参加しております。
何か参考になったなぁと思ったらポチッとして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村

コメント