節分だった日曜日の競馬を振り返って!クラシックへ安田記念へ向けて逸材が出現

雑記
スポンサーリンク

先週の日曜日はちょうど「節分」という記念日でもありました。

最近は「豆まき」というよりも、どちらかといえば「恵方巻き」の方が主流になっているような・・・

まぁ、それはどっちでもいいんですが、日曜日にはクラシックに直結するきさらぎ賞に

東では今後の古馬マイル路線を占う東京新聞杯が行われました。

 

まず、西で行われたきさらぎ賞ですが

少頭数のわりには随分荒れたなと。

それもこれも1番人気のデムーロ騎乗のヴァンドギャルドが

まだまだ経験不足というか、幼さを見せて馬券圏内へも突入できなかったことが1つの理由でもあります。

勝ったダノンチェイサーは折り合いもスムーズだったうえ

離れた2番手から難なく先頭に立ち、そのまま押し切る完勝劇でした。

きさらぎ賞勝ちのダノンチェイサー

2着のタガノディアマンテに付けた着差は2馬身だったんですが

この2馬身という数字は過去にリーチザクラウン、ルージュバック、サトノダイヤモンドと

いずれも春のクラシックで連対した3頭が残した記録でもあるんですね

ということは、今回勝ったダノンチェイサーもクラシックではそれなりに期待を持たせてくれる馬という判断材料にもなると思います。

去年、相当な期待を背負っていて、ダービーでも1番人気に支持されたダノンプレミアムだったですが

結果は6着と敗退してしまいました。

今年も同じように牝馬ではダノンファンタジー、そして牡馬では今回のダノンチェイサーと

またまた去年同様に「ダノン軍団」には追い風が吹いてきているように思います。

さらに、古馬短距離路線ではシルクロードSを勝った新星ダノンスマッシュもいますし

総じて今年の春はこれらの馬が主役級を張って盛り上げてくれるのではないかと感じています。

桜花賞か皐月賞、または高松宮記念のどれかはこの「ダノン軍団」に軍配が上がりそうな、そんな予感さえしています




次に古馬マイル路線の主役級に躍り出そうな

東京新聞杯を勝ったインディチャンプは評判通り強い競馬をしましたね!

東京新聞杯を勝ったインディチャンプ

私は戦前に、この馬は同じ福永祐一が跨ったヴァンセンヌとダブるところがあって

馬券的にも期待してレースを見つめていたんですが、ホント圧巻でした。

ヴァンセンヌの時はライバルにモーリスという最強馬がいましたから

G1にはあと一歩届かなかったですが

混沌としている去年秋以降から今年の春の古馬マイル路線では

無事にいけば確実に主役級を張れる逸材にまで登りつめると思いますし

最大の目標でもある安田記念でも確実に好勝負は必至だろうというのがレースを終えた感想でもありますね。

実に面白い馬が出てきたと思います。

当のインディチャンプはもしかしたらこのまま安田記念へぶっつけで挑むかもわかりませんが

この馬に続くようなライバルがまた出現してくるのか?

去年秋のマイルCSを勝ったステルヴィオあたりも阪神のマイラーズCあたりから始動してくるでしょうが

安田記念へ向けてのマイル路線も面白くなりそうですね!

 

 

 

★ランキングに参加しております。
何か参考になったなぁと思ったらポチッとして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村

コメント