今なら、無料登録で【馬王Z】自動運転攻略法を提供!!
競馬予想なら!競馬最強の法則WEB



フェブラリーSで藤田菜七子騎手がG1初騎乗!コパノとは相性が良いレースだが・・・

フェブラリーS
スポンサーリンク

「菜七子頑張れ~~~!!」

と言って馬券が当たれば苦労しないし、競馬はそんなに甘くはありません!

そんなことは百はもとより万も承知なことではあります。

でも、やはり応援したくなるのが人情というもの。

 

 

今週は待ちに待った今年最初のG1フェブラリーSが行われますね。

そして、平成最後のフェブラリーSでもあります。

そんなメモリアルなG1に相応しい面子といい、役者といい、そして話題性がおおいにあるレースになりました。

まずは、今年の出走予定メンバーをご覧頂きましょう。

2019フェブラリーS 出走予定メンバー

 

いや~、ホントに良いメンバーが揃ったといえますね。

G1ホースが6頭、そして東海Sを逃げ切り現在6連勝中のインティ

インティ 武豊

そして、目玉がなんといってもコパノキッキングでG1に初出場する藤田菜七子騎手の存在が大きいですね

藤田菜々子

今年のフェブラリーS当日の東京競馬場には例年になく、多くのファンが詰め掛けるものと思われます。



まず、大多数の目はインティの武豊が華麗に逃げ切ることが出来るのか?

そして、G1初騎乗の藤田菜七子がコパノキッキングをどう操るのか?

さらに勝機があるのか?というのが最大の焦点ではなかろうかと思います。

 

どちらも、こればかりは競馬ですから、蓋を開けてみなければなんとも言えないですが

個人的にはまず、インティの逃げ切りというのは無いような気がしています。

確かに東海Sで逃げきったタイムは優秀かもしれませんが

今まで戦ってきた相手と、今回ではレベルがまったく違うということ。

ましてこの馬は溜め逃げをするというタイプではなく

肉を切らせて骨を絶つという、どちらかといえば後続馬に無しくづしに脚を使わせるタイプですから

今回もハイラップで逃げるのはまず間違いなところ。

前走でさえ最後はちょっと脚が止まるところを見せていたのに

歴戦のツワモノが揃う今回はそうそう簡単には逃げ切らせてくれないのではないかと踏んでいます。

 

そして、もう一方の目玉であるコパノキッキングと藤田菜七子騎手のコンビがどこまで食い下がれるか?

正直、これはホントにわかりません。

常識的に考えれば、まだG3の重賞も勝ったことがない彼女ですし、どだい厳しいとは思いますが

なんといってもこのレースに相性の良いDr.コパさんに、3勝している村山調教師のコンビですからね。

G1レースメモリアルでも書いたコパノリッキーのように、16頭立てのドン尻人気でも勝ってしまう強運の持ち主ですし

もしかしたらというのは無きにしも非ずではないかと思っています。

 

G1レース初騎乗、初勝利というのは過去に2回あって

昔、熊沢騎手がコスモドリームでオークスに勝ったことがありますし

江田照騎手が天皇賞秋のメジロマックイーンの降着で繰り上がり勝利の時もG1レース初騎乗、初勝利でした。

さらには、武幸四郎現調教師が騎手としてデビューした時に

マイラーズカップでオースミタイクーンに騎乗し、初勝利が重賞という前代未聞のことが起きたことさえあります。

こういう事が事実起こっているので、藤田菜七子騎手のG1レース初騎乗、初勝利

というのがあっても不思議ではないということをココではお伝えしておきたいと思います

 

もちろん応援馬券は買うつもりではいますが

私の本当の勝負は、上記2頭を外した馬券で行こうとも考えていますが

いずれにしろ、藤田菜七子騎手には精一杯頑張ってもらいたいと思っています。

 

 

 

★ランキングに参加しております。
何か参考になったなぁと思ったらポチッとして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村

コメント