AJC杯の1番人気馬は鬼門!?高齢馬のコース巧者にも要注意!!

重賞レース一般
スポンサーリンク

正月恒例の3日間開催も終わり

今週から新たに中京競馬も加わって

真冬の厳寒期の競馬へと突入していきます!

パクスアメリカーナやグローリーヴェイズといった強くて活きの良い4才馬が

やはりそれぞれ重賞を勝つなど元気の良いところを見せました。

明け3才馬ではシンザン記念や、月曜祝日に行われた京成杯で

ともに1戦1勝の馬が勝ちあがるなど珍しい傾向が見られています。

今後も3才戦ではこの傾向は頭の隅っこにでも入れておいた方がいいでしょうね

 

今週は東西で古馬によるAJC杯やフェブラリーSの前哨戦の東海Sが行われます。

ココでは少頭数ながらも割とメンバーが揃ったなぁと思われるAJC杯を見ていくことにしましょう

今年のAJC杯の面子ですが、久しぶりにG1ホースが出走をしてくるようですね

AJC杯出走予定メンバー

昔は、よくG1ホースが春の大舞台へ向けて叩き台として使われたレースですが

近年は厳寒期に無理して使う必要もないということで

トップクラスの馬たちの出走があまり見受けられませんでした

ですから、今回出走してくる菊花賞馬のフィエールマンの走りは

今後のG1戦線に向けて注目するところでしょうね




登録している馬が全部出走してきたとしても11頭立てと少頭数での施行となりますが

このレースの覇者や、コース巧者も出走してくるなど

割と骨っぽいのもいて、面白いメンバー構成ではないでしょうか?

人気は当然ながらそのフィエールマンと

同じ明け4才馬で中山コースには滅法強いジェネラーレウーノでしょうが

ココ6年は1番人気の馬が連続して破れているなど

フィエールマンにとってはちょっと嫌なデータか?

そして、このレースは結構ベテラン勢がよく好走して穴を開けることがあります。

例え7才、8才の高齢馬でも侮ってはいけないというのが傾向としてありますので注意が必要ですね

中でも、有馬記念を使ってこちらへ参戦してくるサクラアンプルールあたりも

人気の無い時にG2の重賞では好走したりするので

馬券に加えたい1頭だと思っています。

サクラアンプルール

あとは、去年の覇者のダンビュライトが年頭から好調の北村友で

どれだけフィエールマンやジェネラーレウーノといった4才勢に喰いこむことができるか?

ダンビュライト

リピーター色のあるレースでもありますし

あまりにも4才馬同士での人気が被りすぎると

この馬の逆転もあるのではないかと見ています。

 

 

★ランキングに参加しております。
何か参考になったなぁと思ったらポチッとして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村

コメント