競馬や賭け事に強くなるかも?勝負事の神様がいる神社「関東・関西3選」

雑記
スポンサーリンク

競馬をやっても当らない、勝てない、そんな事がありませんか?

私にも経験がありますが、そんな時ってホント神様にでもすがりたくなりますよね

そんな事をしても無駄だってわかっていても

ついつい、神社やお寺なんかに行って手を合わせたこともありました。

 

まぁ、今ではどちらかといえば

競馬や賭け事に強い神様がいる神社ってどこ?

ってな感じで人から聞かれることがもっぱらですけどね。

 

ということで、全国にたくさんの神社やお寺がある中で

競馬関係者も訪れる、勝負事に強い神様が祀られている所をご紹介したいと思います

 

時期的にも初詣とかで参拝に行かれる方が多いとは思いますが

初詣に限らず、ちょっとした旅を兼ねて、ふらっ~と行ってみるのも良いですよね

今回は関東、関西地区で有名な3ヶ所をお伝えしますね!

 




 

スポンサーリンク

美浦トレセンからも近い茨城県稲敷郡の大杉神社

この大杉神社は、JRAの美浦トレーニングセンターからも近いということもあり

騎手や調教師、馬主等の競馬関係者や競馬ファンの必勝祈願はもとより

馬蹄絵馬や勝馬守りを求める参拝者がたくさん訪れています。

実際はこの大杉神社の中の奥にある「勝馬神社」という小さな神社へ参拝をします。

勝馬神社1

勝馬神社2

ココはもともとは朝廷の馬を放牧していた場所とも言われていますね。

ちなみにココ大杉神社では、実際に蹄鉄がくっついた絵馬や

白い馬をかたどった「勝馬守」という競馬にご利益のあるお守りが販売されています

勝馬神社 絵馬

勝馬神社 お守り

それから境内には、元名手だった岡部幸雄さんが奉納した灯篭もありますよ!

岡部幸雄さんが奉納した灯篭

競馬好きな方なら色々楽しめる神社ですし

神社に奉納された昆布や煮干でだしをとった「開運そば」なんかも食べられたりします。

地元近辺では有名なパワースポットですが

ココへ訪れるには公共交通機関を利用するよりも

圏央道が開通している今ならマイカーの方が便利でしょう

大杉神社へのアクセス

 

JR山手線新大久保駅から近い皆中稲荷神社(かいちゅういなり)

東京は新宿区の百人町、山手線の新大久保駅から1分ほどの所にあるこの皆中稲荷神社

競馬だけでなく、様々な賭け事や宝くじなどにご利益のある神社として有名です。

皆中稲荷神社

何故、この神社がそんな有名になったかという由来があるのですが

昔、徳川幕府に鉄砲百人隊っていうのがあったらしいですが

その鉄砲百人隊の射撃がなかなかうまくいかずに悩んでいたところ

たまたまこの神社でお参りするようになってからというもの

射撃が皆、百発百中をしたらしいです!

その噂が次第に広まっていって「皆中(みなあたる)稲荷神社」と呼ばれるようになったとか!

今では、幸運の絵馬やお守りを目掛けて参拝する人が後を絶たない人気ぶりですよ

皆中稲荷神社 絵馬

皆中稲荷神社 お守り1

皆中稲荷神社 お守り2

「当たる」ものにご利益がある神社ということで

多くの競馬ファンが当たる馬券に授かろうと参拝をしています。

場所も山手線の駅から近いということもあってアクセスにも便利だし

東京観光のついでにでも立ち寄ってみてはいかがでしょうか

皆中稲荷神社へのアクセス

 

全国的にも有名な競馬の神様がいる藤森神社

京都市の伏見区にある「藤森神社」は、馬と勝負事の神様が祀られていることでも有名で

多くの競馬関係者や競馬ファンには絶大な人気がある神社です。

藤森神社

この神社は781年(天応元年)から早良親王にまつわる「駈馬神事(かけうましんじ)」と言う神事が伝承されており

この1200年も続く伝統の神事に因んで、馬に関してのご利益があるとされています。

馬の銅像があったり、馬の掛け軸があったり和ませてくれます

また境内には、競馬ファンなら思わず笑みがこぼれてしまうようなこんな物もあります

必勝祈願の自販機で飲み物を買えば、ファンファーレが響き渡りますよ(笑)

そして、ココへ来たらしっかりと絵馬やお守りは手にして帰りたいところ

藤森神社 絵馬 お守り

京阪線の墨染駅から京都競馬場がある淀駅へも一本で繋がっていることからも

競馬を楽しみに行く前にちょっと参拝をしてから行くというファンもたくさんいますし

関係者も訪れるほどのパワースポットですから

競馬ファンなら一度は足を運んでみるのも話のネタには良いかもですね

藤森神社へのアクセス

 

 

 

★ランキングに参加しております。
何か参考になったなぁと思ったらポチッとして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村


コメント