ルメールの絶好調はいつまで続く?人気になればなるほど同枠の馬に注意せよ!

騎手
スポンサーリンク

さぁ、明日から11月度の競馬が始まろうとしています。

『月』が変われば『ツキ』も変わるとはよく言われますが

10月はあまりパッとしなかったよ・・・と言う方は潮目が変わりますからぜひ頑張っていきましょう!

 

ところで、只今大確変中のこの人の好調ぶりというのはいったいいつまで続くものなのでしょうか?

天皇賞を制したルメールとレイデオロ

なんか今の勢いからすると、暮れのホープフルSまでG1を総ナメにしちゃうんじゃないかという感じもしますが

幾らなんでもルメールだって人間です。

どんなに巧かろうが、多かれ少なかれ、必ず「浮き沈み」というのはあるはずなんです。

例えば、まだ記憶に新しいところで去年の春競馬のこと。

思い返して欲しいんですが、去年の5月もルメールは絶好調の時がありましたよね

ヴィクトリアマイルを6番人気のアドマイヤリードで制すると

お次のオークスは1番人気のソウルスターリングで優勝しました。

そして、極めつけが翌週のダービーで1番人気こそデムーロ騎乗のアドミラブルに譲りましたが

神騎乗でレイデオロを見事ダービー馬に導きました。

その勢い余って最終の目黒記念も8番人気のフェイムゲームで勝つ始末!

いったいどこまで勝ち続けるのか?という風にあの時も感じたものです。

 

月が変わって第一週目の安田記念では勢いも買われてルメール騎乗のイスラボニータが1番人気に支持されました。

この時私は「ルメールの4週連続のG1優勝なんて絶対無い!、ましてオークス、ダービーを勝つという離れ業をやってのけたのだから、もう気力、体力、精神力、運も全て使い果たしたはず。逆に安田記念で怖いのはルメールと同じ枠に入った馬だ!!」と公言していました!!

結果的にはイスラボニータは8着に惨敗し、勝ったのは同枠のサトノアラジンでした

それがものの見事にズバリ的中!

強力な裏読みも相まって美味しい馬券にありつけたのでした。

 

そして、今まさに10月から11月へと変わり、潮目も変わろうとしています。

今週は京都でJBCというG1レース3連発というお祭りが開催されます。

当のルメールはJBCスプリントにグレイスフルリープ、JBCレディスクラシックにクイーンマンボ

そしてメインのJBCクラシックにはもしかしたら1番人気に祭り上げられそうなサンライズソアで参戦します。

注意したいのは去年の安田記念と同様に「ルメールと同じ枠に入った馬」。

とくにルメールが跨る馬が人気になればなるほど要注意していた方がいいかなと思っています

 

 

★ランキングに参加しております。
何か参考になったなぁと思ったらポチッとして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村

コメント