ダービーこそ人馬一体のドラマ!「テン乗り」で勝てるほど甘くないぞ!!

ダービー
スポンサーリンク

記事冒頭ではありますが

アメリカのケンタッキーダービーで

そして日本のNHKマイルCで

それぞれ「降着劇」が起こるという

世にも奇妙な負の連鎖があったGWのG1レースでした。

 

しかも、降着に合ったマキシマムセキュリティもグランアレグリアも

同じゼッケン番号が「7番」だったのですから

まさしく競馬の神様の悪戯としか言いようがない出来事でしたね。

ケンタッキーダービー 降着に合ったマキシマムセキュリティ

NHKマイルC 降着に合ったグランアレグリア

しかし、こんな不思議な事が起こるのが競馬なんですねぇ~!

それによって鞍上のルメールは実効6日間の騎乗停止

今後予定していたG1レースでの各有力馬の騎乗ができなくなりました。

その中にはダービーで無敗の2冠馬を目指すサートゥルナーリアの名前まで出てきます!

すかさず陣営は代役を探し、オーストラリアの若き名手D.レーンがサートゥルナーリアの手綱を任されることになったみたいです

オーストラリアの若き名手D.レーン

果たしてダービー初出場のレーンがサートゥルナーリアを

無敗の2冠馬へ導くことができるのでしょうか?



ココからが本題ですが

代役を任されたレーンは短期免許で来日している数多くの外人ジョッキーの中でも確かに巧い部類に入るとは思います。

来日して即、東京競馬場で4勝をしたと思ったら

平成最後の重賞でもあった新潟大賞典を7番人気のメールドグラースで優勝するなど

新潟コースが初経験にも関わらず、その手綱裁きには目を見張るものがありました。

これならダービーでも好騎乗を期待できるかもしれません。

 

ただ、長い長いダービーの歴史の中で

レーンに立ちはだかる高い壁があります。

それは何かと言えば「テン乗り」です!

そして、「テン乗り」で勝てるほどダービーという日本最高峰のレースは甘くないということ。

ダービー前に最低一回でもその馬の手綱を握ってレースに出場した経験が無ければなりません。

 

そして、今まで幾人かの外人ジョッキーがテン乗りでレースに出場しましたが、誰一人として乗り馬を優勝に導いたジョッキーも皆無です。

 

 

ダービーだけは「人馬一体のドラマ」が崩れていないということです。

ダービーを勝ったワグネリアン

日本中央競馬会(現JRA)が発足されたのが1954年

それ以来、一度足りとも「テン乗り」でダービーを勝った騎手はいません。

※1985年のダービーで、岡部から加藤和に乗り替わり
シリウスシンボリが優勝をしたことがありますが
加藤和はデビューから同馬にずっと跨がっており
これは「テン乗り」とは言いません

 

ダービーこそ「人馬一体のドラマ」。

長らく競馬を見てきた私も含め

多くの競馬ファンなら、この言葉の重みというのをわかって貰えると信じています。

 

今からお伝えしておきますが、20日後に迫った第86回日本ダービー

無敗の2冠馬の誕生というのは99.9%無くなったと言ってよいでしょう。

令和元年のダービーは日本人ジョッキーが祝福される

そんな名場面を今から頭に思い描いています。




 

 

★ランキングに参加しております。
何か参考になったなぁと思ったらポチッとして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村

コメント